特徴
短時間(最大18秒)なので、少量の放射線量ですみます
深い麻酔をかけなくても大丈夫です。

CT導入により
○複雑骨折の場合、正確な術前計画が立てられます
○椎間板ヘルニアの病変や椎間板の狭窄の程度が正確に
解ります
○胸腺、鼻腔内、外耳、鼓膜の奥にある鼓室胞の異常が
わかり、(ウサギさんの場合)さらに
不正咬合の歯がどの方向に伸びているか正確に解ります