心地よい動物病院ができました 予約診療制です 日祝も診療

ウサギさんの部屋

  • HOME »
  • ウサギさんの部屋

お勧めしている健康チェックコース

 

健康チェックの申し込みと流れ

 

電話予約でお願いします。

当日8:30~10:00の間にお連れください
血液検査・尿検査
11:30 or 15:30以降のお迎え→ご説明
1週間以内に正式報告書を郵送

CTもオプションで受けられます。

報告書見本(ウサギさんプレミアムコース レントゲン検査報告部分)

1週間以内に正式報告書を郵送しています

名前消しウサギさん健康チェック用_ページ_2

モルモットとウサギは一緒に飼わない方がよいことをご存じですか?

ウサギの鼻腔内に、ボルデテラ菌という細菌が増殖して炎症をおこすと、
鼻腔に常在するパスツレラ菌とともに悪さをします。

ウサギはスナッフル症状が出ますが、比較的軽症ですみます。

しかしモルモットがボルデテラ菌に感染すると、
重度の肺炎をおこし、命にかかわることがあります。

このため、モルモットとウサギは一緒に飼わない方がよいのです。

ウサギさんに斜頸や眼振・旋回運動がおきたら

これらの症状は突然おきるため飼い主さんはびっくりされます。
当院ではそれぞれの原因に合った治療を行っていますので御安心ください。

① 内耳炎
② 中耳炎(根尖周囲膿瘍に関連した細菌が血行性に中耳まで伝播して起こる病気)
③ エンセファリトゾーン
④ 脳神経の病気

■ 治療法

内耳炎や中耳炎には抗生剤や抗炎症剤、
エンセファリトゾーンに対しては抗原虫薬、
脳神経の病気に対しては神経症状に合わせて薬を処方しています。

■ 最新知見

斜頸や眼振・旋回運動などをおこしたうさぎに、滑らかな床で毎日数回・10分〜30分体位を補助して適度の運動をさせてあげてください。

それにより、斜頸でありながら採食行動などが早期にスムーズに行えるようになります。
また、体を動かさないことは回復の遅延につながることが分かってきており、
斜頸であっても補助しながら適度の運動が大切です。

メール等では病状のご相談はお受けしておりません TEL 045-984-1122 8:30〜12:00・15:30〜18:00(面会15:30〜18:00)

受付から待合

2020年10月カレンダー

屋上ドッグラン_ガーデンパーク可愛

PAGETOP
Copyright © 可愛動物病院 -予約診療制- All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.